アプリのダウンロードは
スマホの方は上記画面をクリック


1. http://arx.me のWEBサイトからダウンロード

2. i@arx.me に空メールを送る

3. QRコードからダウンロード

4. スマーフォンならここを押せばダウンロード専用サイトに





電波が無くても避難誘導

東日本大震災のような大規模震災においては、インターネット回線が完全に途絶してしまう可能性があります。あるいは、途絶していなかったとしても、市民の皆様が一斉にご家族に連絡を取られるなどすると、サーバーがパンクします。
「みたチョ」は、避難所情報をアプリにあらかじめ反映しているため、避難誘導時は、回線を一切必要としません。また、現在地はGPSで測位するため、災害の影響を受けることはありません。

いわゆるカーナビに代表されるようなナビゲーションシステムは、「○○を右折」などの指示を細かに行います。機能としての見栄えはとても良いですが、「みたチョ」の場合、災害時の利用を想定したアプリの為、建物の倒壊や液状化など、『本来道だったところが道でなくなっている』可能性が十分に考えられます。災害時、パニックになっている市民の皆様に対し、曲がれないところを曲がれと指示するのは、よりパニックを引き起こす原因になりかねません。したがって、「みたチョ」では距離と方角の2つの情報だけを提供し、そこに向かうにあたって、どの道を選択するかは、現場の判断に任せる形をとっております。地図での避難誘導を推奨していないのも同じ理由になります。その避難誘導している地図はいつの地図ですか?災害前の地図ですよね?。。。。



現在地からの避難場所確認

現在地からの周辺の避難場所の確認が可能です。提携している自治体からは、「災害対策基本法」の記号にて表示。災害による避難場所の種別を選択しながら、最寄りの避難場所、指定した避難場所へ誘導いたします。

また、近日のバージョンアップにて、給水所、病院など、災害に必要な情報を提供いたします。



災害時、家族と出会える確立を上げる!

【みたチョプレミアムサービス(有料)】
家族は基本、生活をしているとバラバラで行動している事が多い。お父さんは会社に、お母さんはパートに、子供は学校に。。。

そんな時、災害が来ても家族が出会える場所は決めてますか?「約束の場所」です。

しかし、大災害は発生すると建物や道が崩れ、景色が一変されます。「約束の場所」がわからないことも。。。

みたチョプレミアムは大切な家族、友人の居場所を確認しながら、チャット会話が可能です。
もし、災害で生き別れた大切な人と出会える確立をあげる一つの方法として備えませんか?



気象庁の災害情報をいつでも確認

「みたチョ」では、通常時にご利用いただく機能として、気象庁と提携し、全国の警報・注意報といった気象情報の他、台風・地震・津波・火山情報を確認することができます。
現在地に警報・注意報などの気象情報が発令されている場合は、現在位置画面の上部に表示されます。



自治体さまより災害情報や、安否情報確認システム機能がついております。

避難場所の詳細情報が表示されます。

気象庁からの情報。地震情報は震度1から表示されます。

【のべ1000万人以上が住む自治体と防災協定締結!】

今も続々締結中!



総合窓口


一般社団法人 全国防災共助協会

〒550-0005

大阪府大阪市西区西本町1-8-2

TEL:06-6120-2375


開発会社

株式会社SOZO

〒550-0005

大阪府大阪市西区西本町1-8-2

TEL:06-6120-2399








Copyright(C)2014-2016 株式会社SOZO